誰でも簡単フライフィッシング

名古屋から釣り情報を発信。

アフタースポーンで小休止か?

アフタースポーンでグッドサイズのバスは小休止状態。いつものポンドでは小型ライギョの群れを発見するも5バイト2バラシで釣果0。他の釣り人には好調のナマズも無視されて暫くルアー釣りを止めていた。

しかし、ポンドを変えたらどうなるか検証してみたくなり、自宅から少し遠い所でやってみた。結論を先に言うと小バスが1匹のみ。グッドサイズの活性は低く、名古屋周辺は大体同じ状況のようだ。

岸からはバスが食いそうなベイトは確認できない。今年生まれた何かの稚魚は居るがバスの餌としては小さすぎる。恐らく動けるバスは小魚を追って池全体に散らばっているようだ。

こういう時はフローティング・ラパラの出番! 私は状況の分からない場所で広く探りたい時にこれをよく使う。キャストして様子を見ながらトップウォーターでトゥイッチを3,4回入れる。その後はハンドル1回転のデジ巻きで足元までリトリーブする。この釣り方はミドストのように腕が痛くならないので個人的にお勧めだ。

そして、フローティング・ラパラはどんな巻き方をしても泳ぎが破綻することが殆どない。日中浮いていて他のルアーには見向きもしないバスも、このルアーならリアクションバイトさせることができる。ラパラはやっぱり非常に優秀!

ラパラF7とブラックバス

#追記

後日、朝小雨が降っていたのでいつものポンドへ行ってみた。理由は雨パータンを確認するため。スレたバスが浮いていたので、先行者に聞いてみたら全くダメとのこと。時間が経ってから帰りがけに、大きめのフローティングミノーでリアクションバイトを誘ってみたら、何と60オーバーのライギョが釣れてしまった。

ところが、取り込み時に針先が当たって人差し指を少し切ってしまった。まあそういうことだ! 深くは考えていないけど、大自然に感謝してこの池は少しお休みしないといけない。ということで、ライギョの写真は無し!

フローティングミノー 9cm

昔買ったフローティングミノーは名前を忘れてしまった。ローリングはラパラ以上でトゥイッチするとフラッシング効果で遠くからでも魚を寄せ付けられる。プラスチック製でラパラよりも重く、ベイトタックルに向いている。


 

Rapala(ラパラ) オリジナルフローター(Original Floater) 70mm RT(レンボートラウト)

アウトドア&フィッシング ナチュラム

ヘラブナ釣りを始めた!

45cmを釣って以来バラシが連続している。それでもキャスティングの練習や自然観察も兼ねて釣り場には行っていたが、ああやっぱりなと思った。釣り場を休ませろということだな!

そんな予感がしたかどうかわからないけど、ちょっと前にフライやルアーで釣れない時の為にヘラブナ釣りを始めた。始めるにあたっては、昔自分や父親が使っていた釣り道具を物置から掘り起こして何とかできそうだったが、何せ昔の竿は重たくて長時間持ってられない。そうすると竿置きが必要になる。しかし、コンクリートの所で釣るには釣り台の様な物に取り付けなければならない。

ネットで探してもヘラ釣り台は高価な物ばかりだったが、椅子タイプの物はかなり安く出ていた。ユーザーレビューを確認したら竿受けが折れていたとか、他にも品質が悪いということが結構書いてあった。さすがは中華性だ!

釣り用椅子

よっぽどの事があったら返品するが、とにかく安ければ良いと考えていたので気にせずに注文。届いたら餌皿の底が割れていた! 返品の手間を考えるとこの程度なら接着材で直せるので良しとした。この手のプラスチックはどうせ劣化して割れるし、餌は別の容器で作るので特に問題はない。

餌皿

2回使用してみて特に問題はなかった。キャンプ用の折り畳み椅子でもそうだが、長時間座っていると足やお尻が痛くなるのは仕方がない。

 


 

自己愛性パーソナリティ障害~パワハラ上司の対策

以前パワハラが原因で会社を辞めた話を書いた。その時は相手に原因があると分かったので心の傷は大分癒えていた。その後、例のパワハラ上司に99%合致する動画を見つけたので全てにおいて合点がいった訳だ。

この動画と違っているのは、上司の言っている事が正しくない時は反論したことと、どんな事でも手を抜くことが許されなかったこと。結局最後はこちらも引かずに正当性を主張したが、誰も味方はしてくれなかった。何人も前例があるにも係わらず会社ぐるみで隠蔽したのだ。

もし、このブログを見て自分も同じパターンだなと思った人は参考にして欲しい。一般的なパワハラと違って、狡猾な上司はパワハラの定義にあるような言葉は絶対に言わない。むしろモラハラに近い言葉や態度で毎日ネチネチと虐めてくるので証拠がとれない。だから、この動画を見て早く気が付いたのであれば、精神が病んでしまう前にその上司から離れて欲しい。

以前にも書いたが、私の場合は本当に精神が病んでしまったので、休職して心療内科に通った。初日の診察で医師から「典型的なパワハラですね!」と言われて、病気自体は90%ぐらい治ってしまった。しかし、問題はその後で、休職期間の終了が近づくにつれて復帰するか転職するかで凄く悩んだ。

あくまでも自己判断だが、私が良いと思うのは休職期間を使って転職活動をすることだ!

 


www.youtube.com

 

ダウンショットリグについて

このままでは名古屋圏の池は釣れなくなるだろう!

ダウンショットリグの話をする前に生体系の話をさせて欲しい。常日頃、殺生はしないまでも魚釣りには多少なりとも罪を感じてしまう。植物は種族が存続するように考慮すればその一部を食したり除草することが許される(罪を感じなくてもよい)という話を聞いたことがある。魚も同じではないかと考えたら、今までのモヤモヤが一気に晴れた!

村田基さんはブラックバスは特別な魚だと言う。ゲームフィッシングの対象としてこれほど人間を楽しませてくれる魚は他にはない。だから感謝しながら釣りを楽しんでいる。

最近外来魚は駆除しなければならないという風潮があるようだが、外国人はどんどん入れる政策をしている。矛盾しているように思うがそれはさておき、ブラックバスが日本に入ってきたのは何十年も前だし、大体10年もすれば淘汰されて生体系は安定する(ブルーギルは例外という話はあるが)。

昨年はヘラ釣りの人がバスをその場に置き去りにして殺したり、バス釣りの人が釣る度に猫に与えたりするのをよく目撃した。何が目的なのか全く意味が分からない。腐ると周辺が臭くて釣りにならないし、殺生はとにかく良くない。本望ではないけど、駆除なら行政機関がちゃんと後腐れ無いようにやれば良い。

そして本題だが、3インチ以下のワームでダウンショットリグをやっている人。2、3回キャストして移動するならまだ分かるが、同じ場所でずーっとネチネチやっている。スクールバスが迎えに来てくれるとでも思っているのかなぁ? この時期そこには小バスの好きなエビは未だ沸いてなけど・・・こういう人が毎日のように同じ場所に陣取っていたら、そりゃスレるわなぁ。何遍も釣られたら大きくなる前に弱って死ぬし・・・

ユーチューバーも初心者向けに何だかんだ言ってるのが多いけど、昔からやっている身(途中フライに転向)としては、何かにつけて村田さんの言っている事の方に共感する。最近始めた人は村田さんのユーチューブ動画を見て先ず基本を勉強した方が良いと思う。バス釣りがどういう釣りなのか知らない人が多過ぎる。

そんな釣りよりヘラ釣りの方が面白いわ!

 

日本が衰退した理由~失われた30年

昔から金融の仕組みがおかしいと思っていた。経済御用学者が難しい事を言えば言うほど騙されていた訳だ。

今の金融システムは借金をして新たにお金を作り、返すお金の為に他の誰かが借金をしてお金を作るといった自転車操業をしないと続かない仕組みになっていてる。民間が借りない、銀行が貸さないという状況だから政府が国債を発行する訳だが、これを返すとせっかく作ったお金が0になるのだから、これからも国債を発行すれば良いだけのことであって、これを税金で返すといった論法は間違いである。

しかし、国内の産業が減って経済成長が無くなればこのシステムは破綻する。

自分はかつて半導体業界にも居たから、なぜ日本が衰退したかがよく分かる。決して自分たちの努力が足りなかったからではない。要するに敗戦国であり植民地であり、自分達の権利も主張できない奴隷だったってこと!

下の2つの動画をセットで見るとよく分かる。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

今まで言えなかったことが言えるようになったのは神様からGoサインが出たから?

それにしても深田萌絵さんは伊勢神宮でどんな啓示が受けたのか気になる。

#追記

いまだに日本のテレビはDSを語る人のことを陰謀論者だと言い、まるで病人扱いだ。こういうのをDSと言わずして何と言う。腹が立ってきた!

今期初バス! 45cm

昨年はこの時期(ゴールデンウィーク前)に泣き50cmを釣り上げた。スポーニングでビックバスが出ると予感していたので、今年もこの池に行ってみたら45cmが出た。予感的中!

1回目はちびバスかブルーギルのバラシのみで不発に終わり、下の写真を撮って帰ってきた。この日は小さいが魚影を確認できたので次も行くことにした。

池で野生のスッポンは初めて見た!

2回目は午後2時頃から始めて、昨年と同じ場所でフローティングラパラのシェイキングを試すがバイトが無い。途中でジグ単のシャッドテールワームに変えてボトムシェイキングやミドストで探り、丁度池を一周したあたりで大分日が傾いたので帰ろうかと迷っていた時に今シーズン初を釣り上げた。

バス1 25cm

上のバスはキャンドゥのシャッドテールワーム約3インチ黒を使ってミドストの中層引きで釣り上げた。1匹釣っただけでワームが無くなってしまったので、スイングインパクトの3インチに変更した。本当は黒が良さそうだったが切らしてしまったのでラメ入りでローライトにも効果のある色を選択したら下のバスがヒットした。

バス2 45cm

やはりスイングインパクトが最強か? 時間帯のようにも思えるけど・・・

結果、バレるなよとヒヤヒヤしながらランディングしたので、楽しんだと言うよりもほっとした。

左:キャンドゥ のシャッドテールワーム 右:スイングインパク

キャンドゥのシャッドレールワームはフックへのホールド性が悪いようだ。今度はホールド性の良いジグヘッドに変えてみよう。

ケイテックのスイングインパクトは、実際には3インチを使用。スレるのでなるべく小さいルアーは使いたくないが、この時期は小バスを気にしなくてもビックバスが釣れる傾向にあるようだ。

ケイテック(KEITECH) スイングインパクト 3インチ #440エレクトリックシャッド アウトドア&フィッシング ナチュラム

 


 

アブガルシアのオールマイティ・ロッド

タトゥーラSVTWをワンシーズン使ったので、これに合うダブルハンドのロッドが欲しくなった。けれども、余っていたシングルハンドのロッドの為に買ったリールなので、贅沢は出来まいと我慢していた。また、ベイトフィネスについては、手を出してしまうとスピニングの出番が無くなりそうなので興味が無かった。

ところが先日、滅多に行かない実家近くの中古釣具屋に行ったら、アブガルシアのオールマイティ・ロッド、バスフィールドBSFC-652MLが新品で3千3百円で売っていた。ネットで6千円台の記憶があったので、これは買わないと損ということで速攻購入! 気が付いたらそこには、特段必要でない物に散財している自分がいた(笑)

ラベルには「ネコリグやノーシンカーリグ、小型のハードプラグを自在にキャストし操れます。ベイトフィネス用リールを使用すれば、フィネスな釣りも可能で・・・」と書いてある。

使ってみたら、ティップが柔らかくかなり先調子(ベントポイントがかなり先端より)で、確かに軽めのルアーを簡単に飛ばすことが出来る。何とか3.5gまで投げることが出来たが、オーバーヘッドキャストで上に向かって投げる感じで早めにリリースし、ティップを高い位置に保ったままフォロースルーしないと上手く飛んでいかない。多分ベイトフィネスのリールならもっと楽に投げられると思うが・・・

ティップ部 上:バスフィールドML 下:バスパラM

バット・グリップ部 上:バスフィールドML 下:バスパラM

バスフィールドのティップ部は張りがある柔らかさでベリー部は硬め。グリップエンドの長さはパスパラより見た目が若干短いが、この若干が持ってみるとかなり短く感じる。そして、グリップがバスパラより太いので右手に力を入れ易く、全長も若干短いのでシングルハンド(バックハンド)でも楽にキャストできる。
また、ベントポイントが先の方にあるので、力を込めてぶん投げるキャストには向かない。力を入れずに手首を使って素早く振るのがコツで、具体的には肩を使わず(バックスイング時に右手を後ろの方に持っていかず)に右手のトリガーを中心にロッドを回す感じで左手(グリップエンド)を引くと楽に投げることができる。要するにティップの先端が直線的に移動するように投げる。フライキャスティングと理屈は同じだ。

パスパラの方は右手のグリップが細いので、自然と左手(グリップエンド)を使う投げ方になる。レギュラーテーパーなのでベリー部がしっかり曲がり、グリップエンドが長いので左手を引く力が十分に伝わってくれる。大体10~12g以上のルアーであれば、バスXのリールで思いっきりぶん投げてもバックラッシュしない。

キャスティングフォームはバスフィールドと大体同じだが、扱うルアーの重量の違いで投げ方が少し変わる。バスパラは比較的ゆっくりとバックスイングしてから前方へのスイングの切り替えの瞬間に思いっきりパワーを乗せてやると気持ちよく飛んでいく。実にスカッとする! ただし、リーリング時はロッドに角度を付けてやらないとグリップエンドがお腹に当たる(腹が出てなくても)。

また、どちらにも言える事だが、肩を使う投げ方をするとコントロールが難しい(狙った所に落とせない)し、ルアーによっては姿勢が安定せず飛距離が出ない。そして何よりも(私の場合は)疲れる(笑) 

ティップの先端が直線的に移動するようにスイングすれば、リリースポイントがズレたとしても飛んでいく方向はそんなにズレない。オーバーヘッドでもサイドキャストでも理論上は狙った所に飛んでいく。また、ミノーなど姿勢を崩しやすいルアーもラインと一直線を保ったまま飛ぶ(ヒラヒラしない)ので飛距離が長くなる。

スイング時のバット、ベントポイント、ティップの位置(これらにはルアーの重さ、スイングスピード、リリースポイントも関係する)がイメージ出来れば、あとは自分に合った投げ方をすればいい!

例えば海などで7フィート以上のベイトロッドを使う人の投げ方を見ると、殆どが肩を使って高い位置でスイングしている。ただし、リリースポイントとスイング終了時のティップの高さ位置はほぼ同じである。つまり、ティップ先端の軌道は円弧でななく直線に近いということ。(やったことは無いが、多分そういうことだと思う。)

バスフィールドBSFC-652ML 繋ぎ目の印

補足だが、バスフィールドBSFC-652MLには繋ぎ目の印が付いている。自分が買ったものはガイドの位置とほんの少しだけズレていた。安い理由は展示期間が長かった為だと言っていたが、目視してガイドのズレもちゃんと説明してくれたので納得して購入した。

※追記

バスフィールドでバックハンドキャストする場合、先調子なのでベリー部の反発力を利用できない。レギュラーテーパーのロッドのように力を入れてバックスイングするとティップ部がしなりすぎて、フォワードスイングへの移行時に荷重が抜けてバックラッシュし易くなる。所謂フライキャスティングで言うテーリングと同じことがを起こる。上手くキャスティングするには、バックもフォワードもゆっくり大きくスイングする必要がある。繰り返しになるが、上記に述べたようにティップの先端がが直線的に動くようにする。

また、フリップキャストも試してみたが、私にはできそうになかった。レギュラーテーパーでMLかL以下の柔らかいロッドがやり易いと思う。

アブガルシア(Abu Garcia) バスフィールド BSFC-652ML 1443258

アウトドア&フィッシング ナチュラム

 


 

最近思うこと

ブログのタイトルが「誰でも簡単フライフィッシング」となっているが、最近はルアーフィッシングの記事ばかりで、タイトルを間違えたかなと思っている。

そもそも渓流が遠いので出かけるのが億劫になったし、管理釣り場は何処も料金が値上げして、ルアーが優先されたりフライ自体が出来なくなった場所さえある。悲しいけどフライフィッシングの現実は厳しいようである。なので今後はフライに限らず近場で楽しめる釣りを紹介していきたいと思う。

話は変わって世界に目を向けてみると、内部告発や暴露でDS同士の潰し合いから最後の審判のフェーズに移っている。死去や病気のニュースでDSのトップの方は既に終わっている事が分かる。日本ではDSの洗い出しが行われていて、完全に潮目が変わった事が表のニュースでも分かる。日本の中枢にいる一部の人達が色々と取り沙汰されているが、結局は自分たちが作ったルールで自らが裁かれるか、逃げ切れたとしても最後の審判が待っているに違いない。

ところで、トランプ大統領は最近日本の事を憂慮しているらしい。DSの髪の毛一本も残さないと言っていたから、ここはネタニヤフやバイデン、そして岸田首相に最後まで演者になりきってもらい、より多くの人々に気付いてもらう必要があるのだろう。

そういうフェーズなので怒りたい人は怒ればいいが、世の中を俯瞰して見れる人は事の成り行きを冷静に見届けよう。他人任せで何も行動しないのは良くないと言う人もいるが、自分が何者か分かったのであれば、そういう使命を持った人もいるので、自分に正直に生きればいいし、これからの人生をもっと楽しむべきである!

 

 

PEライン用ハサミ

早くも今年のコスパ最良釣り具になりそうな物を見つけてしまった。それはセリアのフィッシングシザース。PEラインも切れると書いてある。

買ってきて試しにPE1.0号を切ってみたら思った以上に良く切れた。刃の根本付近は少々切れ味が悪いが、中央付近は今まで使っていたハサミよりも良く切れる。これで税込み110円とは驚きだ!

セリア フィッシングシザース

PEラインを切るのはリーダーを交換する時ぐらいで、家でリーダーシステムを作る時に使うことが多く、釣行時は使用頻度が低い。よって、セリアのハサミは取り敢えず家用にして、釣行する時は今まで通り小型の物を使うことにした。

左から良く切れる順に並べたところ
左:セリアのハサミ 中:スプリットリングプライヤー 右:小型PE用ハサミ

上の写真の(中)はスプリットリングプライヤーで、根本の部分が切断刃になっている。(右)は釣行時に使っている物。サイズ的にもセリアのハサミ(左)が一番使い易い。

セリアのセレーション

セリアのセレーション(鋸歯状の刃)は値段の割にはとても綺麗に加工されているのが分かる。

スプリットリングプライヤーのセレーション

マクロ撮影が上手く撮れていなくて分り辛いが、スプリットリングプライヤーの切断刃のセレーションは細かくて少し不均一な箇所がある。切れ味はまあまあだし400円しないので納得していたが・・・

PEライン用小型ハサミのセレーション

これは更にセレーションが細かく、しかもセレーションになっていない箇所がある。当然切れ味は3つの中で一番悪い。しかし、バッグに入れるには小さい方が良いし、刃先が丸くなっていてギズが付き難いので携行用にしている。

他のハサミについても言えることだが、購入時の注意として、パッケージに入った状態では刃が閉じていてセレーションの状態が分り難いのでよく確認すること!

 

釣り用ショルダーバッグ

いつ頃からなのか最近はタックルボックスを持ち歩くルアーマンを見かけなくなった。よく見かけるのはショルダーバッグを使っている釣り人で、特に釣り専用の物はスタイリッシュで機能性もよく考えられている。

私も普段おかっぱりで釣行する時はショルダーバッグにしているのだが、昨年大江川に行った時困ったことが一つあった。それは近くにコンビニも自販機も無いので、喉が渇いてしょうがなかった事である。

今回新調したショルダーバッグはドリンクホルダーとロッドホルダーが付いている。今までの物は肩に掛けたままの状態でルアーを交換する時などに不便を感じていた。また、移動中やキャスティングの際に前側にズレてきてしまうので、その都度後ろに回さなければならず鬱陶しかった。

LSDデサインズ ワンショットサイドJr. ネオ(表側)

LSDデサインズ ワンショットサイドJr. ネオ(裏側)

LSDのショルダーバッグは、斜め掛けした時にバッグが真っ直ぐになる様に本体とベルトの取り付け位置が工夫されていて腰ベルトも付いているので殆どズレることが無い。欲を言えばスピニングタックルとベイトタックルを両方携行したいところだが、肩への負担を考えるとMサイズが丁度良いと感じた。

アウトドア&フィッシング ナチュラム